数ある高収入の風俗業の中でも、デリヘル嬢という職業を選んだ女の子なら一度は頭を悩ませることをまとめてみた

デリヘルというセックスワーカーで稼ぐということ

デリヘル嬢が知っておく最低限の性病知識性病知識がない人ほど、性病に関して必要以上に怖いとか思う人が多いもので、風俗嬢はエイズになりやすいという誤解も多々あるのではないでしょうか。

ある意味で『風俗嬢=性病』というのは、一般女性よりも可能性は確かに高いのですが、それは性病知識が無知ゆえになる女性が多いのです。

デリヘル嬢に一番多い性病はカンジタ病

デリヘル嬢に一番多い性病はカンジタ病『カンジタ』と呼ばれる性病ですが、実は全くエッチをしていない女性もよくなる性病であり、3日もあれば完全完治する性病なんですよ。

カンジタになる原因は男性から移される性病ではありません、産婦人科にいく妊婦さんが非常に多くなる性病で、妊婦は子供をお腹に宿す事で非常に体力的に疲れます、それでも自宅で家事をしたり体力的に無理をすれば、女性の身体が自発的になる性病で、膣内から白くボロボロとオリモノの塊がでたり、我慢できないほどの痒みを感じたりします。

産婦人科で妊婦さんの定期健診では必ずカンジタ検査をするのですが、産婦人科の先生は目視でカンジタを発見できるので、あえて性病チェックをしますねとは絶対に言わないのです。

カンジタのまま子供を出産となれば、赤ちゃんが産道を通る際にカンジタ菌に触れるのを避けたい為に、定期健診でカンジタをチェックしておくのです。

カンジタを治療する方法としては、膣内に錠剤をひとつ入れて、痒みを感じれば塗り薬を塗り、抗生物質をのめば一週間程度で治りますといいますが、実際には3日もあれば完治していますし、痒みは塗り薬を塗れば3時間程度で完全に痒みは止まります。

参考までにカンジタになった女性が男性と性行為をしても、男性には99%の確率で移ることがないのです、1%が心配と思うでしょうが、それは生での性行為後に男性が一週間とかお風呂にも入らずに超不潔な場合には感染しますよという話です(笑

では、このカンジタが何故デリヘル嬢に多いかと言うと、デリヘル嬢として仕事を頑張り、仕事が終ればホストや居酒屋で朝まで飲みまくり、少ない睡眠時間でまたデリヘルで働くという具合に、体力的に無茶を続ける女性がカンジタになってしまうという事ですねw

デリヘルの男性スタッフは意外と性病知識がない

デリヘルの男性スタッフは意外と性病知識がない極論を言えば、デリヘル店のスタッフでちゃんと仕事をしようと考えても基本的知識がないスタッフが多すぎるのです。

ローションはワカメとかの天然成分だから安心だよとかまず嘘です。

ローションは食品添加物などに使う高分子ポリマーが主成分で飲んでも身体に一切害はありませんが、天然成分では全くない化学合成物です。

性病チェックにグリンスが効くけど、使い方はボディーソープに少し混ぜれば大丈夫なんて、もう笑ってしまいます。

グリンス(グリンソープ)は病院とかの手洗い石鹸みたいなもので、殺菌力は半端なく強いので、毎日使うボディーソープなどと違って肌があっと言う間に荒れるほどの殺菌力のある石鹸水という認識が普通です。

強い石鹸水だからこそ、男性の局部を強力に洗浄して衛生を保つ、そして原液を使って数十秒は漬込みたいというのが本当の処なのに、強い石鹸水を少量だけ薄い石鹸水(ボディーソープなど)に混ぜて何の意味があるのかさえ判りませんよねw

この様に誰かから聞いた程度の間違った知識をそのまま鵜呑みにして、未経験女性などへ伝えて、そのデリヘル嬢も伝言ゲームみたいに鵜呑みにするという状態が多いのがデリヘル店かもしれませんね。

デリヘルの性病定期健診は体裁だけ

デリヘルの性病定期健診は体裁だけ性病検査に定期的に行っているのはソープランドとか、プロの風俗嬢くらいなものであり、普通のデリヘル店で性病の定期健診を義務付けて女性に受けさせるお店はまず皆無というのが現実かもしれません。

デリヘルの公式サイトで、性病検査を行っていると記載されているお店って、お客様への性病に対する安心感を得る事で、そのお店を選んで売上を確保しようという目論みで記載しているだけであって、素人女性が定期的に性病チェックにいくのはほとんどの女性でいないはずです。

特にデリヘルは本番行為がないのが普通だけに、生で挿入していないのに性病の確立なんてほとんどないはずです。

挿入していなくても一部の性病は素股などで、男性と局部が合わさる事で感染するものも確かにありますが、それは最低限の知識さえあれば回避できるんですよ。

デリヘル嬢が絶対覚えておきたい性病とは

デリヘル嬢が絶対覚えておきたい性病とは素股だけでも男女の局部が触れ合うことで性病になる事があり、それを回避する事もあるのです。

コンジロームという性病がある意味で唯一デリヘル嬢が知っておきたい性病知識ですね。

男性がコンジロームになっている場合、チ○ポの先である亀頭にニキビみたいなボツボツがあるんです、ツルンとしていないで、先っぽの尿道付近にボツボツあれば100%コンジですね。

そして亀頭の傘の部分に多数のボツボツがあればやはりコンジ確定ですので、プレイ中止した方が懸命です。

コンジロームは局部など粘液に触れ合う事で感染します、つまりフェラも喉が粘液なんで駄目ですね。

感染するとかなり面倒で、産婦人科で完治させるのに一ヶ月程かかると言われ、表現の仕方に問題があるのですが、膣内を焼くんです…、但し完治すれば何一つとして、痕(あと)が全く残らず綺麗に直ります。

それか薬を飲むことで直す方法もあるにはあるのですが、数ヶ月単位で治る確率も低く長く悩む必要性すらあるのです。

コンジロームになりたくなければ、イビツなボツボツしたニキビみたいなチ○ポを見たら、お店に電話してスタッフから『性病の可能性あるので病院行ってくださいねw』と断っていただき、プレイ中断ですね。

男性客が風俗嬢から性病を移されたという場合

男性客が風俗嬢から性病を移されたという場合男性客で風俗遊びに明け暮れていたら性病になったなんて人もいますが、実際問題として女性と違い、男性は性病を移されて自覚するまでに時間がかかり、約2週間ほどは気が付いていないというのが一般的なんです。

さらに性病を移されたとなれば、一番危険性があるのはデリヘルやソープランドではなく、実はピンサロがダントツで危険性があるんです。

ご存知の通り、デリヘルやソープランドはプレイの前後にシャワー程度は最低でも浴びて清潔で衛生的といえるのですが、ピンサロの実態を知ると恐ろしいほど性病になる確率が高いというのが現実です。

ピンサロは夕方から夜12時くらいまで、お客様がくれば30分程度でフェラで抜いて満足してお帰り頂く手軽な『飲食店』です。

飲食店…間違えていないです、ピンサロは風俗ではなく飲食店として運営しているんですよw

だから個室って絶対ないですよね、パーテーションで畳2枚程度のスペースで区切っても、通路から他人のプレイが覗けます、だって個室にするのにカーテンで区切っても警察から検挙対象になるし、お客様への最初の一言は必ず『お飲み物はなににしますか?』と尋ねているんですよw

では、フェラで感染するならばデリヘルやハコヘル、ソープランドも一緒ではないかと疑問に思う方もいるでしょうが、大きな違いがいくつもあるのです。

ピンサロは、お客様がきたら下半身だけ脱いでもらい、オシボリに無色透明のアルコールをちょっとふきかけて、男性の局部をふきふき…そしてパクッってフェラします。

女性はしっかりとフェラでヌキ終ったら、次のお客様へそのまま移動という感じで繰り返し、多忙だと1日で10人以上をフェラで抜いて、帰り際にイソジンでうがいして帰るという訳ですね。

ここで問題です!もし一人目のお客様が性病だとしたら…その日、その後にきた男性客に全員感染の疑いが出てしまうんですね(笑

女性も出勤毎に何人も不衛生な状態でフェラしてるだけに、喉は粘膜なので性病を抱えてしまい喉内が白く腫れ上がるなんて事もよくあり、デリヘルと違ってある意味で不衛生で性病の可能性が一番危険ともいえるのがピンサロですね。

だから、デリヘルのお客様が2~3日前に遊んだら性病になったぞ!なんてクレームがきたら、2週間前くらいにどこかのピンサロかデリヘルを利用しませんでしたか?と冷静に返答できるスタッフさんが、今働いているデリヘルにいますかね?

安心して働けるデリヘル店とは

安心して働けるデリヘル店とはデリヘル店の基本は、電話番がお客様の要望を受け付けて、送迎スタッフがデリヘル嬢を送り、デリヘル嬢が男性客に接客をするという流れですよね。

しかしデリヘル店全てが同様とは限りません、例えば、デリヘル嬢が自走でお客様の元へ運転して向かうというスタイルがあります。

つまり、何かトラブルがあっても事故責任で泣かされたら終了デス。

送迎スタッフがいれば万が一のトラブル発生時にも駆けつけてくれ、お客と話し合い示談交渉等もあるのですが、女性が1人で自走している場合は、スタッフが駆けつけるのもままならない状況ではないでしょうか。

言い方を変えれば、デリヘル店のスタッフは仕事のお膳立てだけでなく、あらゆる対処にもフォローしてくれるお店が安心して働けるデリヘル店とは思いませんか?

そして、人妻店に多い『待ち合わせ』というスタイルですが、基本的に最寄り駅から徒歩圏内にあるラブホテルの利用ならば、何かあってもすぐに駆けつけられますし、車で移動となってもやはり近隣のラブホテルに限定されるので、人妻専門店でも常時2名体制ならば緊急時の対応も可能という事になります。

営業スタイルって意外と細かい部分で違うものです、女の子が悩んだり困ったりすれば親身になって相談したり、必要であるならば話し相手になってあげたりと、いろんなフォローが必要な場合があるのではないでしょうか。

送迎スタッフも嫌なお客がいてねと愚痴を聞き、次のお客様へ到着するまでに出来る限り、気持ちの切り替えをさせる事で、次のお客様の前で笑顔になれる商品(女性)がいるわけで、常にベストな状態の女性を届けるのも良いデリヘル店の役割と考えるお店もあるわけです。

実際にデリヘル店のお店のホームページだけを見ても判らない部分ですが、どんなお店があって、どんな対応なのかは匿名で問い合わせる事もできるので、働き易い環境作りをしっかりしているデリヘル店を探してみるのも良い方法かもしれません。

風俗店探しならばデリヘル情報 デリノートなんかは知名度のあるお店が多く掲載されているので、気になるお店を見つけたり、比較対象にしてみるのも良い方法かもしれませんね。

投稿日:2015年11月11日 更新日:

NEW ENTRY

未経験の女性がデリヘルで働く時の気持ち
未経験の女性がデリヘルで働く時の気持ち

2017/04/04   -デリヘル嬢の悩み

未経験でデリヘルで面接を行う女性は、本番が無いとは言われていても心で本番されても泣かないと決心して風俗店の面接に向かう気持ちでいます。 面接したデリヘル店で本番が本当に無いと知って、こういうものだと初 ...

no image
デリヘル嬢もデコルテは美しくキープ

2016/06/20   -デリヘル嬢の悩み

デリヘルではお客さんの好きそうな服をチョイスすると胸元が空いた服やセクシーな服、女性らしい服などがクローゼットに増えていくのではないでしょうか。 こうしたファッションになるとどうしても気になるのが首か ...

デリヘルを利用する年齢層に合わせた話題作り
デリヘルを利用する年齢層に合わせた話題作り

2016/04/12   -デリヘル嬢の悩み

デリヘルというところは男性がスッキリするためにあるものですよね。 もちろんたまった性欲をすっきりさせるという目的が1番重要なところだとは思うんですが、ではそれ以外には何も求めていないかというとそうでも ...

デリヘル嬢が嫌がる完全に皮かぶり君の対処方法
デリヘル嬢が嫌がる完全に皮かぶり君の対処方法

2015/11/19   -デリヘル嬢の悩み

若いおにいちゃんであろうが、オヤジであろうがムスコの皮を被ってしまっている人って多いですよね。 日本人に多いと言われる仮性であればちゃんとむけてくれれば問題ないですよね。 問題は正真正銘のすっぽり皮か ...

ED治療の目的でデリヘルを利用する男性
ED治療の目的でデリヘルを利用する男性

2015/11/19   -デリヘル嬢の悩み

最近よく聞くED(勃起不全)。こんなストレス社会で頑張っているのは何も、デリヘル嬢だけではありません。 仕事や家庭でのストレスを抱えすぎてしまって、勃起しにくくなっていまって悩んでいる男性は多いもので ...

栄町のデリヘル嬢のデリケートなお乳首ケア
栄町のデリヘル嬢のデリケートなお乳首ケア

2015/11/19   -デリヘル嬢の悩み

栄町でもデリヘル嬢に限らず、乳首の色について悩んでいる女性って多いと思いませんか? さすがにおおっぴらに見られる部分でもないですが、そのぶんそんな話をすることもありません。 別に遊んでいたわけでもない ...

お客の口臭のチェックよりもまずは自分から
お客の口臭のチェックよりもまずは自分から

2015/11/19   -デリヘル嬢の悩み

接客の相手がオヤジばかりだと、どうしても口臭が気になりますよね。 『オヤジ、今日はまた一段とくせぇな・・・』心では思っても決して口に出すことができない、このセリフなのですが、もしかしたら周りの人はあな ...

no image
千葉のデリヘルでトラブルメーカーに気をつける

2015/11/11   -デリヘル嬢の悩み

千葉のデリヘルを利用するお客さんの中にも変態と、更に斜め上を行く変な人が多いですw 笑い事で済むような面白可笑しい人であれば笑い話ていどで済むのですが、ちょっと勘違いしていたりキチガイなタイプも残念な ...

Copyright© デリヘルというセックスワーカーで稼ぐということ , 2017 AllRights Reserved.